遺言書の書き方の記事一覧 - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方

遺言書の書き方

開封済みの遺言書も検認はできるの?

封がしてある遺言書が出てきたら、その開封は検認の手続きの中で行われます。
個人的に開封すると中身を改変される恐れがあり、封がされている意味がなくなりますからね。
ですから封がしてある遺言書は、必ずそのままにして検認の手続きを申立する必要がありますが、うっかり開封してしまう場合もあるでしょう。
このときはどうしたらいいのでしょうか?
開封済みの遺言書も検認はできるの? の詳細へ

遺言書の検認に委任状は必要?

遺言書を家庭裁判所で確認してもらう検認の手続きをするため、他の相続人の委任状は必要でしょうか?
この手続きは故人の最後の住所の最寄りの家庭裁判所が管轄となりますし、相続人の全員が都合の良い日に実施されるとも限りません。
実施日は基本的に立ち合いの必要がある申立人の希望が優先されやすく、当日はどうしても立ち会えない相続人が出ることも多いです。
遺言書の検認に委任状は必要? の詳細へ

遺言書の検認と実際の相続の関係は?

遺言書の検認を受けると、家庭裁判所でその遺言書の開封と中身の確認を受けられます。
公の場での内容確認になりますから、その遺言書が正式なものとして認めてもらうための手続きのように思えるでしょう。
もちろんその一面もあり、コレを通さないとあとで困ることもあるのですが、この手続きを通したことと、その遺言書通りに相続が行われることは別問題です。
遺言書の検認と実際の相続の関係は? の詳細へ

遺言書の検認の流れ

遺言書を検認したいとき、どのような流れになるのでしょうか?
まず遺言書を見つけたら、速やかに管轄の家庭裁判所へと連絡します。
ココで管轄となるのは、故人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。
遺言書が見つかるのはだいたい故人の自宅ですから、そこの最寄りの家庭裁判所が、だいたいは該当する場所となります。
遺言書の検認の流れ の詳細へ