遺言書の書き方の記事一覧 - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方

遺言書の書き方

遺産分割協議の意味と活用法!遺言がなかったときも活用できる

 

遺産相続で「遺産分割協議」という言葉を耳にする人も多いと思います。
遺産相続については人生で1回経験するくらいで、中には遺産相続のことをあまりよく分からない人も多いと思います。
そこで、遺産分割協議と言うのは何のことなのか、どんなときに活用するものなのかについて見ていきたいと思います。

 

・遺産分割協議とは何のこと?
遺産分割協議というのは、被相続人が亡くなり遺産相続があったときに相続人全員で話し合いをすることを表しています。
その内容については遺産相続について全員が納得できた段階で終了するとされています。
遺産分割協議を行うときは弁護士が間に入ることもあるのですが、どういった内容で全員が納得したかを明確にしておくために遺産分割協議書を作成することが多いとされています。
この遺産分割協議書を作成しておくことで、後に遺産相続でトラブルになるのを防ぐことが出来ます。

 

・遺産分割協議はどんなときに活用できるの?
遺産相続人が1人しかない、遺言によってすべての遺産相続が書かれていて相続人全員が納得した場合は遺産分割協議を行う必要はありません。
では、どんなときに遺産分割協議を活用できるのかについて見ていきましょう。

遺産分割協議が活用できるのは被相続人が遺言を残していなかったり、遺言はあったとしても一部の相続人に対しての遺産相続が書かれていたときなどとなります。
遺言がない場合は遺産の分割をどうやって行うのかを明確にするためにも、弁護士を通して遺産分割協議書を作成しなければなりません。
また、遺言はあったとしても一部の相続人に対してしか遺産相続が書かれていない場合は、遺産分割協議によって残りの財産を分割する話し合いが行われます。
遺言の内容に対して相続人全員が納得できなかった場合についても、遺産分割協議の話し合いによって誰がいくら相続するかを決めていくことになります。

 

このように遺産分割協議と言うのは遺産の相続に納得が出来ないとき、一部の相続人に対して遺言が書かれていたときなどに活用できます。
遺産分割協議を行うときは家族であってももめ事が起きやすくなると言われているので、必ず弁護士や仲介役を交えて話し合いを行い、遺産分割協議書を作成しておいたほうがいいと思います。
遺産分割協議書を作成しておけば遺産相続の後にトラブルになるのを抑えられますし、遺産分割協議書に署名捺印をしていることで言動を防ぐことが出来ますよ。

【タイトル】いざというときの遺言書ガイド 検認編

 

遺言書を見つけたら、家庭裁判所で検認を受ける必要があります。
検認を受ける前に万が一遺言書が入っている封を開けても問題はありませんが、封を開けてしまった時でも検認は必要です。
遺言書は書けば終わりではなく、相続が発生し家庭裁判所から検認を受けて始めて効力を発揮するものです。

ただ中には「検認を受けるのは面倒」と感じる方もいらっしゃるでしょう。
遺言書は被相続人の思いが込められているものなので、家庭裁判所が関わる問題ではないとおもわれるかもしれません。
しかし検認を受けずに遺言を執行してしまうと、5万円以下の過料が課せられてしまいます。

更に遺言書を隠した場合は、相続の資格を失う恐れがあるので要注意です。
検認を受けなければならない理由は、遺言の存在を明確にするためです。
そして同時に遺言書の内容についても確認することになるので、偽造変造を防ぐこともできます。

では遺言の検認を受けるには、どういう手続が必要になるのでしょうか。
まずは相続開始地の家庭裁判所にて、検認の申立を行います。

検認を申し立てる際には、申立書・遺言書・相続人全員の戸籍謄本・遺言書を作成した人の戸籍謄本が必要です。
申立書は、裁判所のウェブページからのダウンロードで手にすることができます。
検認が申し立てられると、裁判所から申立人と相続人に対して検認期日の通知が来ます。
検認期日になると、相続人の立ち会いのもとで家庭裁判所は遺言書を開封します。

そして遺言で書かれている事実を調査した上で、検認調書が作成されます。
検認手続が終わると、遺言書は検認証明書が添付された形で返却されます。

検認が完了するまでの期間は、およそ1ヶ月です。
つまり言い方を換えれば、検認が終わるまでの1ヶ月は何も出来ない状態になってしまいます。
被相続人の銀行口座は凍結され、お金を引き出すことができません。

もし被相続人の銀行口座で光熱費を賄っていたのならば、支払いができなくなります。
また相続放棄までの期限が3ヶ月以内と定められているので、早い目に検討しておく必要もあります。
検認を一言で言えば「家庭裁判所に遺言書があると認めてもらうこと」ではありますが、一言だけで済むほど簡単なことではないのです。

遺言が原因で大きなトラブルを招いたとあっては、遺言をのこした人も安心できません。
迅速に相続の手続を済ませるためにも、弁護士や税理士などの専門家に相談するようにしましょう。
彼等の力を借りれば、どんなに面倒なことでもすぐに解決へと導いてくれます。

開封済みの遺言書も検認はできるの?

封がしてある遺言書が出てきたら、その開封は検認の手続きの中で行われます。
個人的に開封すると中身を改変される恐れがあり、封がされている意味がなくなりますからね。
ですから封がしてある遺言書は、必ずそのままにして検認の手続きを申立する必要がありますが、うっかり開封してしまう場合もあるでしょう。
このときはどうしたらいいのでしょうか?
開封済みの遺言書も検認はできるの? の詳細へ

遺言書の検認に委任状は必要?

遺言書を家庭裁判所で確認してもらう検認の手続きをするため、他の相続人の委任状は必要でしょうか?
この手続きは故人の最後の住所の最寄りの家庭裁判所が管轄となりますし、相続人の全員が都合の良い日に実施されるとも限りません。
実施日は基本的に立ち合いの必要がある申立人の希望が優先されやすく、当日はどうしても立ち会えない相続人が出ることも多いです。
遺言書の検認に委任状は必要? の詳細へ

遺言書の検認と実際の相続の関係は?

遺言書の検認を受けると、家庭裁判所でその遺言書の開封と中身の確認を受けられます。
公の場での内容確認になりますから、その遺言書が正式なものとして認めてもらうための手続きのように思えるでしょう。
もちろんその一面もあり、コレを通さないとあとで困ることもあるのですが、この手続きを通したことと、その遺言書通りに相続が行われることは別問題です。
遺言書の検認と実際の相続の関係は? の詳細へ

遺言書の検認の流れ

遺言書を検認したいとき、どのような流れになるのでしょうか?
まず遺言書を見つけたら、速やかに管轄の家庭裁判所へと連絡します。
ココで管轄となるのは、故人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。
遺言書が見つかるのはだいたい故人の自宅ですから、そこの最寄りの家庭裁判所が、だいたいは該当する場所となります。
遺言書の検認の流れ の詳細へ