遺言書の検認と実際の相続の関係は? - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 遺言書の検認と実際の相続の関係は?

遺言書の検認と実際の相続の関係は?

遺言書の検認を受けると、家庭裁判所でその遺言書の開封と中身の確認を受けられます。
公の場での内容確認になりますから、その遺言書が正式なものとして認めてもらうための手続きのように思えるでしょう。
もちろんその一面もあり、コレを通さないとあとで困ることもあるのですが、この手続きを通したことと、その遺言書通りに相続が行われることは別問題です。

つまり遺言書があって検認の手続きをしたあと、その内容通りに相続をする必要はないんです。
この手続きは、その遺言書の改変などを防ぎ、客観的に内容を確認するためのものですからね。
コレが保証するのはその点だけであり、その遺言書の内容が妥当かどうか、有効性のあるものかどうかは、特に関係ありません。

ですから、遺言書としての体裁が整っておらず、あまり効力のない遺言書だったとしても、検認の手続きは特に問題ありません。
遺言書の中身が問題で検認が通らないといったことはないんです。
検認に通ったから、その遺言書に問題がないと判断されたわけでもありません。
その内容を客観的に確認したあと、それをどう判断するかは、遺族に任せられています。
検認の手続きが終わった後、その遺言書の中身は参考程度に留め、実際の遺産分けは相続人同士の話し合いで決めてもいいんです。
また、遺言書の中身に客観性がなく、故人の意思がハッキリしないために、遺産分けについては相続人同士で話し合うしかない場合もあります。

このように検認の手続きと、実際の相続には必ずしも強い関係はありません。
もちろんその遺言書通りに相続をしたいなら、必ず検認の手続きを通しておかないと、その遺言書に効力がなく、あとの手続きに支障が出る場合もあります。
この点は注意したいのですが、検認を通したあとでも、その遺言書に従うかどうかは、相続人同士の話し合いでまた決められます。
一度検認を通すともう遺産分けの形を固定されるといった心配は不要ですので、もし遺言書が出てきたら、まずは家庭裁判所まで検認の手続きをしてください。