開封済みの遺言書も検認はできるの? - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 開封済みの遺言書も検認はできるの?

開封済みの遺言書も検認はできるの?

封がしてある遺言書が出てきたら、その開封は検認の手続きの中で行われます。
個人的に開封すると中身を改変される恐れがあり、封がされている意味がなくなりますからね。
ですから封がしてある遺言書は、必ずそのままにして検認の手続きを申立する必要がありますが、うっかり開封してしまう場合もあるでしょう。
このときはどうしたらいいのでしょうか?

うっかり開封した遺言書でも、検認の手続きは申立できます。
封を開けずにそのまま手続きしたときと同じように、家庭裁判所でその中身を確認され、終われば検認の証明書を出してもらえます。
一度こうなれば、その遺言書はきちんと手続きを通して内容が確認されたとして、あとでその遺言書が必要になる場面があったら、正式な書類の一つとして使えますよ。

このように検認の手続き自体は、開封したあとでもできます。
その理由は、この手続きはあくまで内容の客観的な確認であって、その遺言書の妥当性や有効性を確認するものではないからです。
仮に開封済みでもその状態で中身を確認し、終われば内容の証明を出してもらえます。
間違えて開封した場合でも、検認の手続き自体にはそれほど影響がない場合もあるんですね。

だからといって、一度中身を確認した後で検認の申立をするのは避けてください。
検認は法律で指定されている正式な手続きで、破ったときには罰則もあるからです。
封のある遺言書を検認以外の場で開封すると、5万円以下の罰金が課されます。
もちろん軽微な過失として、実際にコレを課せられることは少ないのが実情ですが、正式には罰金もあるくらいの違反行為となる点は、よく確認しておきましょう。

また、検認以外の場で誰かが開封すると、その遺言書が改変されたかもしれないと疑われやすく、遺族同士でトラブルになることもあります。
このようなトラブル防止の意味もありますから、封のある遺言書は極力開封せず、すぐに検認に回してください。
間違えて開封してしまったときでも検認は可能ですから、速やかに家庭裁判所まで申立しましょう。