遺言書の検認の意義とは - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 遺言書の検認の意義とは

遺言書の検認の意義とは

遺言書は必ず検認を通して中身を確認し、他の相続人にもこの書類があることを伝える必要があるのですが、その手続きは家庭裁判所を通す必要もあり、やや手間がかかります。
この手続きの意義はなんでしょうか?

これは他の相続人に対して、遺言書があることを正式に伝えるためでもあるのですが、一番はその遺言書を公平にチェックするためです。
たとえば誰かが見つけた遺言書を個人的に開封してしまうと、一人だけいち早く遺言の内容を把握できますよね。
早く遺言を把握できたから遺産分けに有利だとは限りませんが、万が一そのような遺言だった場合、他の相続人が不利となります。
公平性を保つために、遺言書の開封は検認の手続きを通すのが基本なんです。

また、公の場で開封しないと、その遺言書を特定の相続人が改変できますよね。
誰の目もなければ、都合の悪い遺言を破棄したり、書き換えたりといった不正行為も可能です。
実際にそのような不正をしていなかったとしても、公の場以外ですでに開封された遺言書の場合、中身が改変されたかもしれないとの疑いを招きやすくなります。
それを否定しようにも、公の場以外ですでに開封してあると、その疑いを晴らす方法がもうありません。
その遺言書が本当に正しいものか、それを書いた本人が亡くなってもういないからですね。
それが本物かどうか、相続人同士で信じられない人が出ると、その遺言に従うかどうかで意見が割れ、トラブルが起こりやすくなります。

それが確かに故人が書いた遺言書で、その中身も一語一句、誰も改変していないと、すべての相続人が納得するためには、公の場で周囲に人の目がある中で開封するのが望ましいんですね。
検認にはこのように、他の相続人と公平性を保ち、トラブルを防止するためといった意義が強くあります。
検認は法律で決められているため、特に意義などを意識するまでもなく行う方も多いかもしれませんが、スムーズな遺産相続につながりますので、遺言書があるときは必ず検認を行ってください。