遺言書の検認の専門家は? - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 遺言書の検認の専門家は?

遺言書の検認の専門家は?

遺言書は必ず検認の手続きが必要で、しかもその手続きは家庭裁判所を通して行う必要があるとわかると、きちんとできるか不安になったり、誰かに手続きをやってもらいたくなったりすることもあるでしょう。
そんなときに頼れる、この手続きの専門家は誰になるのでしょうか?

検認の手続きのサポートを行っている専門家は、司法書士が多いです。
司法書士は登記変更など法的な手続きの代行が可能ですが、裁判所に提出する書類の作成や、一部手続きの代行などが行えます。
検認の手続きも家庭裁判所を通した正式な手続きですので、司法書士の対応業務となります。
検認についていろいろなサポートを受けられますよ。

このような司法書士のほかには、弁護士や行政書士がいます。
これら専門家も相続関連の問題を広く扱っており、検認のサポートを行っている方もいるんです。
今現在、相談をしている専門家がいれば、検認の手続きのサポートもあわせてできる場合もありますから、相談してみるといいでしょう。

これら専門家ができるのは、検認の手続きの案内や、裁判所に提出する書類の作成、添付書類の用意などです。
自分で不備のない申請書類を作り、添付書類も漏れなく用意し、家庭裁判所まで提出する手間を省きたい方には、手続きの代行をお願いできるありがたい専門家となるでしょう。
専門家によっては、実際に検認の手続きを行う当日に立ち会ってくれる場合もあります。
家庭裁判所での手続きを1分でも早く終わらせ、スムーズに遺産相続の手続きを進めたいときなど、このようなサポートが役立ちます。

検認について専門家に相談したり、サポートを受けたいときは、各専門家を探してみましょう。
相続問題に詳しい専門家なら検認にも対応できる場合は多いですから、この分野に強いかどうかで専門家を選ぶといいでしょう。
いい相手を見つけたら、そちらまで問い合わせをしてみてください。
各専門家によって対応できる業務は微妙に違う場合もありますので、検認に関して具体的に何をお願いしたいかを明確にして相談するとスムーズです。