遺産分割協議の意味と活用法!遺言がなかったときも活用できる - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 遺産分割協議の意味と活用法!遺言がなかったときも活用できる

遺産分割協議の意味と活用法!遺言がなかったときも活用できる

 

遺産相続で「遺産分割協議」という言葉を耳にする人も多いと思います。
遺産相続については人生で1回経験するくらいで、中には遺産相続のことをあまりよく分からない人も多いと思います。
そこで、遺産分割協議と言うのは何のことなのか、どんなときに活用するものなのかについて見ていきたいと思います。

 

・遺産分割協議とは何のこと?
遺産分割協議というのは、被相続人が亡くなり遺産相続があったときに相続人全員で話し合いをすることを表しています。
その内容については遺産相続について全員が納得できた段階で終了するとされています。
遺産分割協議を行うときは弁護士が間に入ることもあるのですが、どういった内容で全員が納得したかを明確にしておくために遺産分割協議書を作成することが多いとされています。
この遺産分割協議書を作成しておくことで、後に遺産相続でトラブルになるのを防ぐことが出来ます。

 

・遺産分割協議はどんなときに活用できるの?
遺産相続人が1人しかない、遺言によってすべての遺産相続が書かれていて相続人全員が納得した場合は遺産分割協議を行う必要はありません。
では、どんなときに遺産分割協議を活用できるのかについて見ていきましょう。

遺産分割協議が活用できるのは被相続人が遺言を残していなかったり、遺言はあったとしても一部の相続人に対しての遺産相続が書かれていたときなどとなります。
遺言がない場合は遺産の分割をどうやって行うのかを明確にするためにも、弁護士を通して遺産分割協議書を作成しなければなりません。
また、遺言はあったとしても一部の相続人に対してしか遺産相続が書かれていない場合は、遺産分割協議によって残りの財産を分割する話し合いが行われます。
遺言の内容に対して相続人全員が納得できなかった場合についても、遺産分割協議の話し合いによって誰がいくら相続するかを決めていくことになります。

 

このように遺産分割協議と言うのは遺産の相続に納得が出来ないとき、一部の相続人に対して遺言が書かれていたときなどに活用できます。
遺産分割協議を行うときは家族であってももめ事が起きやすくなると言われているので、必ず弁護士や仲介役を交えて話し合いを行い、遺産分割協議書を作成しておいたほうがいいと思います。
遺産分割協議書を作成しておけば遺産相続の後にトラブルになるのを抑えられますし、遺産分割協議書に署名捺印をしていることで言動を防ぐことが出来ますよ。