遺言書の検認の方法とは - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 遺言書の検認の方法とは

遺言書の検認の方法とは

遺言書を検認してもらうには、どうすればいいのでしょうか?
これは遺言書がある場合は必ず行う必要がありますから、この検認の方法は常識として覚えておくと安心ですよ。

まず検認は、家庭裁判所を通して行います。
この手続きは複数の人が立ち会い、客観性のある状況で中身を開封し、確認するものですが、家庭裁判所を通さないものは検認とは言いません。
相続人が全員その場に集まっている状況でも、個人的に開封すると検認なしで遺言書を見たことになり、厳密には違法行為となります。

検認が必要なら、まずは家庭裁判所へ申込みをします。
厳密には申立と言いますが、つまりは遺言書があるので検認したいことを家庭裁判所へ伝える手続きです。
申込み先に注意点があります。
相続人の最寄りの家庭裁判所で検認できるとは限りません。
このときの申込み先は、遺言を残した方の最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。
遺言を残した方、つまりは故人の住所が基準となり、申込み先が決まるんです。
故人が相続人とは離れた土地に住んでいた場合は、現地で検認の手続きをする形となりますので、注意してください。

申込みが終われば、あとは家庭裁判所の指示に従っていればOKです。
気を付けたいことは、まだ開封していない遺言書がある場合、検認の手続きが終わるまでそのまま保管し、決して開封しないでください。
自分で開封しないのはもちろんのこと、事情を知らない誰かに開封されないように、気を付けて保管しましょう。
特に小さい子供がいるときは、子供の目につかない場所に保管するといいですよ。

検認日になったら指定の家庭裁判所へ出向き、そこで開封してもらいます。
ここで専門の調査官に開封してもらい、その遺言の内容や形状など、その遺言書の情報を客観的に記録していきます。
すべて終われば検認は終了です。

このように検認したいときは、故人の住所地を管轄する家庭裁判所を使います。
該当する家庭裁判所を調べた上で、そこに申込みをしてください。
わからないことがあれば、連絡して問い合わせるといいでしょう。