遺言書に押印は必要? - いざというときの遺言書ガイド 検認編

HOME » 遺言書の書き方 » 遺言書に押印は必要?

遺言書に押印は必要?

 
・遺言書への押印について
遺産相続で財産分与を決めるのに重要なのは遺言書です。
この遺言書には、形式というものがあり、ルール沿って作成されていなければなりません。
今回は、遺言書作成のルールの中のひとつ「押印」について。
遺言書には押印が必要なのでしょうか?詳しく説明したいと思います。

 

・遺言書に押印はいるのか?
遺言書の中でも、押印が必要な形式のものがあります。
それは自筆証書遺言書というもので、このタイプの遺言書には被相続人の押印が必要となります。
過去には判例で、押印がない自筆証書遺言書の効力を認めた判決がありましたが、それはとても特殊なケースであり、原則押印をしなければならないと覚えておくと良いでしょう。
民法の条文にも、自筆証書遺言書に、被相続人の押印が必要だと明記されています。
ただ。公正証書遺言書の場合だと、被相続人の押印ではなく公証人の印鑑でもいいことになっています。

 

・自筆証書遺言書に押印が必要なワケ
なぜ自筆証書遺言書に押印が必要なのかと言うと、遺言を書いた人証明するのに押印を見るからです。
自筆証書遺言書は、公正証書遺言書と違い法的な証人がいないため、その遺言書を作成したのが本人であるという証明のために、押印をすることになります。
後は、日本の慣例として、遺言書に押印をするのが基本となっているからです。

 

・遺言書への押印は実印?それとも認印?
基本的には遺言書への押印は実印である必要はないのですが、偽造リスクのある自立証書遺言書の場合は、実印を使った方がいいでしょう。
なぜならば、先ほども説明したとおり、自筆証書遺言書は作成する時に本人が作成したことを証明する証人を置いていませんので、実印で本人確認をするためです。
ただしこれは絶対ではないので、認印や拇印、指印などでも、遺言書の効力がなくなるわけではありません。
なぜ実印が絶対ではないのかと言うと、本人が死亡すると印鑑登録自体が抹消されるため、印鑑そのものが実印であるかどうかを、調べるのが困難になる場合があるからです。
ですから基本的には、遺言書の印鑑は認印でもいいということになっています。

 

・自筆証書遺言書を作成するには
遺言書を作成する場合、特に自筆証書遺言書作成するときには、自分で内容を記載しなければなりません。
本文、遺言書を作成した日付、被相続人の氏名を被相続人自らが記載する必要があります。
また先ほども説明した通り、作成した書類に印鑑を押すことを、忘れないようにしましょう。
これらの要件を満たしていないと、遺言書は無効になってしまいます。
ですので遺言書を作る時には、不備のないよう専門家に相談しながら書き進めていくようにしなければなりません。